Language
  • English
  • 日本語

【三重の旅】日帰りでも楽しめる!三重観光のモデルコースを紹介します!

Traveling関西の旅

神秘的な神宮と美しい海、新鮮な海の幸!伊勢志摩観光は、たくさんの魅力が詰まっています。「伊勢神宮」は、皇室の祖神である天照大神を祀る神社です。内宮と外宮を中心に125の神社から構成され、20年に1度行われる式年遷宮は日本の伝統文化を象徴する行事です。さらに、「美しい海岸線」は、リアス式海岸や白い砂浜など多様な景観を楽しめます。海のアクティビティも充実しています!「新鮮な海の幸」も絶品です!伊勢海老や牡蠣、松阪牛など、グルメが揃っています。海の幸を堪能できるレストランや海鮮市場も多く、伊勢志摩ならではの食体験を味わえます。
伊勢志摩観光は、歴史、文化、自然、グルメを満喫できる魅力的な旅です。都会を離れて、心身ともにリフレッシュしたい方にもおすすめです。さあ、伊勢志摩で忘れられない旅を体験しましょう!

旅のコース(所要時間・距離)

リアス式海岸が織りなす伊勢志摩と眺望が美しい鈴鹿山脈など三重は多様な地形が魅力の観光地です。

①Vison(ヴィソン)
    ⇓ 移動時間:25分(距離およそ25.5km)
②伊勢神宮(内宮)
    ⇓ 移動時間:2分(距離およそ600m)
③おかげ横丁
    ⇓ 移動時間:30分(距離およそ23.3km)
③横山展望台
    ⇓ 移動時間:37分(距離およそ26km)
④御座白浜

出典:GoogleMap

Hiking Baerの旅記録

初の三重旅でした〜!訪れるところがたくさんとてもよかったです!ヴィソンでは、自然と共生する暮らしを体感でき、マルシェで新鮮な野菜を購入したり、地元食材のランチも堪能しました〜。伊勢神宮では、荘厳な雰囲気に心洗われ、すぐ近くのおかげ横丁では、伊勢うどんや赤福餅など、三重グルメを満喫しました!さらに、横山展望台や御座白浜では、伊勢湾を一望でき絶景に感動しました〜!
三重は、自然、歴史、グルメが楽しめる魅力的な場所でした!また必ず訪れたいと思います!

食と自然を満喫する!三重の新しい観光スポット「ヴィソン」

ヴィソンは、三重県多気町に2021年7月にオープンした、日本最大級の商業リゾート施設です。東京ドーム24個分の広大な敷地に、ホテル、農園、マルシェ、アトリエなど約70店舗が立ち並び、「すべては、いのちを喜ばせるために」というコンセプトのもと、食、健康、自然、ものづくりなど、様々な体験を通して、心豊かに暮らすヒントを探すことができる場所です。自然の中でリフレッシュしたい方、美味しいものを食べたい方、ものづくり体験を楽しみたい方、様々な方にオススメのスポットです!ぜひ一度、ヴィソンを訪れてみてはいかがでしょうか?

ヴィソンの魅力

  • 新鮮な食の体験
    日本最大級の産直マルシェ「マルシェ ヴィソン」では、三重県産の新鮮な野菜や果物、海産物などが並びます。地元食材を使ったレストランも充実しており、五感で食を楽しむことができます。
  • 自然との触れ合い
    広大な敷地に広がる農園では、季節の野菜や果物の収穫体験ができます。またや温泉なども楽しむことができ、自然の中でリフレッシュできます。
  • 隠れ家にような宿泊施設
    ヴィソンには、様々なタイプの宿泊施設があります。ホテル、旅館、ヴィラなど、ニーズに合わせて選ぶことができます。

アクセス

  • 車で行くなら:伊勢自動車道伊勢ICから約30分
  • 電車バスなら:JR多気駅から徒歩約15分。伊勢市駅や鳥羽駅から約1時間30分。

参考情報
公式サイト:https://vison.jp/

日本の心を体感する旅!天照大神を祀る神社「伊勢神宮」

伊勢神宮内宮は、三重県伊勢市にある神社です。天照大御神を祀る日本最古の神社であり、世界遺産にも登録されています。荘厳な雰囲気、歴史と伝統、豊かな自然など、さまざまな魅力を備えています。伊勢神宮内宮を訪れる際には、ぜひゆっくりと参拝し、神聖な空気を体感してみてください。

伊勢神宮(内宮)の魅力

  • 荘厳な雰囲気
    伊勢神宮内宮は、広大な敷地に鳥居や社殿が立ち並ぶ、荘厳な雰囲気が魅力です。特に、宇治橋を渡って一歩足を踏み入れたときの、神聖な空気に包まれる感覚は、忘れられないものになるでしょう。
  • 歴史と伝統
    伊勢神宮は、20年に一度、神様のお住まいである正宮を新しくする式年遷宮が行われます。これは、日本最古の伝統行事であり、世界でも類を見ないものです。
  • 豊かな自然
    伊勢神宮内宮の周囲には、豊かな自然が広がっています。五十鈴川のせせらぎや、神宮の森の木々が、心を癒してくれるでしょう。

アクセス

  • 車で行くなら:伊勢自動車道の伊勢ICから約10分
  • 電車バスなら:JR東海道本線の伊勢市駅から徒歩約20分/バスで10分

参考情報
公式サイト:https://www.isejingu.or.jp/

レトロな街並みにタイムスリップ!伊勢神宮からすぐの「おかげ横丁」

おかげ横丁は、伊勢神宮の門前町として栄えた歴史あるエリアです。江戸時代の木造建造物を再現した工芸品店や飲食店が軒を連ね、レトロな雰囲気を満喫できます。

おかげ横丁の魅力

  • 江戸時代の雰囲気を味わえる
    おかげ横丁は、江戸時代の木造建造物を再現した建物が立ち並んでいます。レトロな雰囲気を楽しみながら、伊勢神宮参拝の前に立ち寄るのにぴったりです。
  • 伊勢の伝統工芸品や名産品が揃う
    おかげ横丁には、伊勢の伝統工芸品や名産品を扱うお店が数多くあります。伊勢うどんや赤福餅などの名物グルメも味わえます。
  • 伊勢神宮の参拝客で賑わう
    おかげ横丁は、伊勢神宮の門前町として栄えた歴史あるエリアです。伊勢神宮参拝の際には、ぜひ立ち寄ってみてください。

アクセス

  • 車で行くなら:伊勢自動車道の伊勢ICから約10分
  • 電車バスなら:JR東海道本線の伊勢市駅から徒歩約20分/バスで10分
  • 伊勢神宮の外宮から徒歩約10分、内宮から徒歩約20分の場所にあります。

参考情報
公式サイト:https://okageyokocho.com/main/

伊勢志摩の絶景広がる!海と山の壮⼤な景色を堪能できる「横山展望台」

横山展望台は、三重県志摩市阿児町鵜方に位置する展望台です。標高100mの横山に設けられた木製の展望テラスからは、国立公園や英虞湾のパノラマビューを眺めることができます。横山展望台は、伊勢志摩の自然とグルメを満喫できる、おすすめの観光スポットです。ぜひ、訪れてみてください。

横山展望台の魅力

  • 伊勢志摩の絶景を楽しめる
    横山展望台からは、伊勢志摩国立公園の雄大な自然を眺めることができます。英虞湾の青い海、伊勢志摩の山々が見えます。
  • カフェでゆっくりと過ごせる
    展望台には、カフェも併設されています。伊勢志摩の食材を使ったランチやスイーツを味わいながら、絶景を眺めることができます。

横山展望台のおすすめの過ごし方

  • 朝焼けや夕焼けを鑑賞する
    横山展望台は、朝焼けや夕焼けが美しいことでも知られています。特に、朝焼けは、空がピンク色に染まり、とても幻想的です。
  • 星空観賞を楽しむ
    横山展望台は、周囲の明かりが少なく、星空観賞に適した場所です。天気が良ければ、満天の星空を眺めることができます。
  • 伊勢志摩の観光の拠点にする
    横山展望台は、伊勢志摩の観光の拠点としてもおすすめです。鵜方駅から徒歩圏内にあり、周辺には、伊勢志摩水族館や志摩スペイン村などの観光スポットがあります。

アクセス

  • 車で行くなら:伊勢自動車道の阿児ICから約10分
  • 電車バスなら:鵜方駅から徒歩約15分

参考情報
公式サイト:https://chubu.env.go.jp/nature/yokoyama/access.html

穏やかな海と心地よい静寂が魅力!三重の隠れたリゾート「御座白浜」

御座白浜は、三重県志摩市にある美しいビーチです。白砂が約1km続く遠浅の海岸線と、透明度の高い海が特徴で、海水浴やシュノーケリングなどのマリンスポーツを楽しめます。御座白浜は、伊勢志摩で美しい海と自然を満喫したい方におすすめの観光スポットです。ぜひ、訪れてみてください。

御座白浜の魅力

  • 美しい海と白い砂浜
    御座白浜は、白砂が約1km続く遠浅の海岸線と、透明度の高い海が特徴です。波も穏やかで、小さなお子様連れの家族にも安心して楽しめます。
  • 豊かな自然
    御座白浜は、伊勢志摩国立公園に属しており、豊かな自然に囲まれています。海岸沿いの松林や、背後に連なる山々は、美しい景観を作り出しています。
  • 海鮮グルメ
    御座白浜は、新鮮な海鮮グルメを楽しめるのも魅力です。近くの漁港で獲れた魚介類を使った料理を、海を眺めながら味わえます。

アクセス

  • 車で行くなら:伊勢自動車道伊勢西ICから約40分
  • 電車バスなら:JR参宮線鳥羽駅からバスで約50分

参考情報
公式サイト:https://www.gozashirahama.com/

まとめ

ヴィソンでは息をのむような自然美に感動しました。伊勢神宮は厳かな雰囲気に包まれ、心が洗われるようでした。おかげ横丁では伝統的な商店街の雰囲気が楽しめ、懐かしい風情を感じました。横山展望台からの眺めは絶景で、心が広がりました。御座白浜の静かな海岸でリフレッシュし、穏やかなひとときを過ごしました。ぜひみなさんも三重に訪れてみてください。

スポンサーリンク
シェアする
Hiking Bear
タイトルとURLをコピーしました